佐藤 友祈
TOKYO2020パラリンピック金メダリスト
プロアスリート/パラ陸上競技

2010年、脊髄炎が原因で車いす生活に。ロンドン2012パラリンピックをテレビで見たことをきっかけに、陸上競技を始める。
2015年世界選手権400m(T52)で初の世界タイトル。翌年リオ2016パラリンピックに挑み400m/1500mの二種目で銀メダルを獲得。以降2017年世界パラ陸上選手権、2019年世界パラ陸上選手権ともに400m/1500mで二冠達成、東京2020パラリンピック日本代表。400m/800m/1500m/5000mの4種目で世界記録を持つ男。(2018年以降)世界の人々からリミッターを外すことを目標として掲げる。
2021年1月にプロ転向を発表、チームprierONEとしてコーチ、メカニック、トレーナー、所属スポンサー​、応援してくださる皆様と共に常に世界のトップを目指し続ける。